利休忌

時間に余裕がない日でしたので、不参加の予定でしたが、
先生からお電話いただいてまでのお誘い。「利休忌」。

たいそうなことかと思ったので、付け下げで行ってしまいました;
(おキモノも帯もいただきものです)
b0162109_10105489.jpg

古典柄
b0162109_1011350.jpg

春雨日♪
b0162109_10114821.jpg

利休がお好きだった菜の花と、供茶を供えてはじまりました。

利休の辞世の句は
「人生七十 力囲希咄  吾這寶剣 祖佛共殺
堤る我得具足の一太刀  今此時ぞ天に抛 」

七十年のわが生涯を顧みると、そこには悲喜・苦楽・得失・栄辱、
まことにさまざまなことがあった。しかし、その人生ともおさらばじゃ。
といって、今のわしには生への執着もなければ死の恐怖もなく、また恩怨もなければ愛憎もない。
力囲!! 咄!! エイッ!! クソッ!! 一切合財、これでご破算じゃ。
そしてわしのこれから超人する世界、そこには悲喜も苦楽も、得失も栄辱も、さらには迷悟も生死もない絶対の世界である。 さあ、これからその世界で自由自在に遊戯三昧をしようぞ。

[人物叢書 新装版 千利休;芳賀幸四郎(吉川弘文館)]

潔い辞世の句ですね。武士のよう。。。

和菓子は「胡蝶」
b0162109_1024192.jpg

ピンクのお花に止まっている蝶々です。



[PR]
by grazia36jp | 2012-03-25 12:00 | sadou/kimono

アロマ&ヨガ  


by grazia36jp